特定非営利活動法人横浜ディスアビリティ支援センター


YDSC

GREETING

代表挨拶
特定非営利活動法人横浜ディスアビリティ支援センター(YDSC)は障害福祉サービスを通じて、特性を持つすべての方々に住民参加の機会とインクルーシブな地域福祉の増進を目指します。
代表理事

佐藤 康秀 

PROFILE

会社概要

基本情報


法人名;特定非営利活動法人横浜ディスアビリティ支援センター(YDSC) 本部;横浜市保土ヶ谷区今井町1000番地
みなとみらいオフィス;横浜市中区桜木町1丁目1-56
代表理事;佐藤康秀 電話番号;045-568-4022 FAX番号;045-568-4022 設立日;2017年6月1日 事業内容;訪問、電話、来所などによる相談援助 サービス利用計画の作成(障害児、障害者) 障害福祉サービス等の情報連絡や連絡調整 地域福祉の啓発や社会資源の開発 実施地域;横浜市全域、及び近郊
構成メンバー;管理者件相談支援専門員1名、相談員2名、他職員7名(臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士、児童発達管理責任者)

2017.12

特性のある子どもの進学

普通学級、支援学校、特別支援学校と進学


 
 

2017.11

個別支援計画と個別の教育支援支援

学校の個別の教育支援計画活用のお勧め


 
 

2017.10

障害児相談支援計画とは?

平成30年より障害福祉サービスを利用してる方はサービス等利用計画の作成が必須となります


 
 

2017.6

代表挨拶

横浜ディスアビリティ支援センター代表挨拶


 
 

PHILOSOPHY

法人理念

不可能を障害(Disability)のせいにせず、責任(Responsibility)を自ら負い、社会(Social Inclusion)を構成し、社会を変え、共に生きていけるように自らが変わる(Change)事を約束します。

インクルーシブで多様性に満ちた新しい横浜へ! ALL YOKOHAMA
  • 01

    障害を壁と思わない

    障害という言い方はしない。特性と言いましょう。人には個性と同じく、特徴があります。眼で見えている色はほんの一部かもしれないですね。個性を特性と呼びませんか?人と人の違いは超えて多様性の世界へ!
  • 02

    自ら選ぶ

    自分の事は自分で決める。人生でも失敗したり成功したりして前進してこれたのは、自分で決めてきた事だからじゃないでしょうか?私達支援者はあなた方の人生を歩めません。最後は自分で決めましょう。信じて、信頼して、信じられて、信頼されて。
  • 03

    社会を作る

    特性は個人個人を作っています。個性は集団の集まりです。個々人が形成している集団を社会と呼びます。助け合って私たちの「普通」を社会の普通にしていくことは、社会を作っていることです。

HISTORY

沿革
2017年10月30日

HPリニューアルいたしました。

2017年6月1日

横浜市より指定障害児相談支援事業所として指定管理を受けました。

2017年6月1日

横浜市より指定特定相談支援事業所として指定管理を受けました。

2017年6月1日

横浜市より特定非営利活動法人として認定を受けました。

ACCESS

アクセス

特定非営利活動法人横浜ディスアビリティ支援センター(YDSC)

横浜市中区桜木町1-1-56クリーンセンタービル5F

電車でお越しの方へ
JR桜木町駅から徒歩4分
面談予約 045-568-4022